アンティークのルルドのマリア像

¥0 (税別)

年代:1900年前後
国:フランス

サイズ:縦70mm × 横70mm × 高さ225mm

・商品合計金額が10,000円(税別)以上で送料無料!

詳しくはご利用ガイドをご確認ください。

在庫切れ

商品コード: antique_statue05 商品カテゴリー:

説明

1900年前後の合金製のルルドのマリア像です。
こちらは聖地ルルドのスーベニール(お土産)と思われます。

ルルドは、薪拾いをしていたベルナデットという少女の前にマリア様が現れた場所のこと。
ルルドの泉というのは、マリア様が指さしたところに湧きだしたとされる泉のこと。
マリア様の出現場所には、現在マリア像が飾られています。
この像の台座部には、大聖堂、ルルドの洞窟、ベルナデットの前に現れたマリア様が刻まれています。
同時に文字も書かれていますが、霞んでいて読み取れません。
また、マリア様の足元の文字も読めませんが、恐らく他のスーベニール品と同じくN D LOURDESと書かれていたと思われます。
裏にはDSRと刻まれています。
DSRというのは1600年頃から続くフランスのカトリック宗派の1つの略称らしいのですが、正式名称は調べても分かりませんでした。

中は空洞ですが、ずしりと重く、とても存在感があります。

追加情報

サイズ 70 × 70 × 225 mm