イギリスのシルバープレート製ティーセット

¥0 (税別)

年代:1900年代初頭
国:フランス(イギリス製)

ティーポット:150mm×230mm×243mm
ミルクポット:95mm×110mm×140mm
シュガーポット:120mm×175mm×165mm

・商品合計金額が10,000円(税別)以上で送料無料!

詳しくはご利用ガイドをご確認ください。

在庫切れ

商品コード: teaset_001 商品カテゴリー:

説明

フランスからやってきた、イギリスのシルバープレート製ティーセットです。
ティーポット、ミルクポット、蓋付シュガーポットの3点セット。
1900年代初頭頃のお品。

シルバープレートというのは、銀メッキのこと。
銀のお皿のことではありません。
銀メッキと聞くと安物や偽物のイメージですが、イギリスの銀製品ではごく普通のものです。
シルバープレートにも種類があり、こちらはEPNS(Electro plated nickel silver)だと思われます。
ニッケルの本体に電気を使って銀メッキを施したもので、1850年頃から存在する製法です。
電気を使っていると聞くと新しいものというイメージですが、意外と古くから使われています。

裏に「METAL F.C ANGLAIS」とあります。
ANGLAIS(アングレー)というのは、フランス語で「イギリスの」という意味なので、フランスに輸出されたものだと思われます。

全体的にシルバー特有の黒ずみ、小傷などありますが、アンティークな雰囲気が出ていてとても素敵です。
もちろん、磨いていただければピッカピカにすることも可能です。
中は茶渋などにより汚れがありますが、こちらも洗浄して頂ければ実用可能だと思われます。

ただ、私個人としては、くすんでいる方がアンティークの風合いが出て好きなので、ショップのディスプレイや花器としてのご使用をオススメ致します。

※ティーポットの蓋に凹みがあります。